ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

個人的に日本代表に選出してほしかった選手。

どもどもこんにちわ。

前回のブログは、選出された日本代表メンバーのレビューみたいな感じでした。

今回はそれに続いて個人的に選出してほしかった選手を紹介したいなぁと思います。今更ぐだぐだ言っても何も変わらないんですがね(笑)

 

 

GK

特になし

(中村航輔)

前回も書きましたがまだ若いので成長途上です。反射神経の良さを武器に大胆なセーブが目立つ期待の若手です。身長がもう少しアレばと思うシーンもちらほら。あとはポジショニングが悪かったり、集中力が切れ掛かっている場面もあります。もっともっと伸びしろがありますのでもう少し伸びてきたら是非よんでもらって、経験を積ませてあげたいですね。

 

DF

(車屋紳太郎)

川崎フロンターレの負傷者続出中のDFラインで奮闘を見せるDF。高さこそないものの豊富な運動量と速さで守備をしつつもビルドアップ力にも優れた(サイドバックもできるため)CB。超かけ離れてはいるがマスチェラーノのようなタイプ(コレで伝わるかどうかはなんとも言えない。)

 

(丸山祐市)

若干ポカが多いものの高さとフィードには自信アリ。左利きのプレースキッカーというのもあり、柏木もいないならば呼ばれても良かったかな、と言った具合ではある。FC東京森重真人とコンビを組みなかなかのDFラインを組み上げているので連携も考えて彼を選出しても良かったのではないかとも思う。

 

MF

中村憲剛

呼ばれると思ってましたけど呼ばれませんでした。今シーズンは開幕からゴールにアシストに大活躍。W杯を目指すということもあり年齢を考えた上で呼ばれなかったのでしょうが勝つためには是非呼んでほしかった選手です。セットプレーでのキッカーとして、攻撃時のパスセンスに前線に加わるタイミング、経験が積まれ素晴らしい選手としてなお輝き続けている彼を呼ばなかったのは痛手かもしれません。

 

齋藤学

言わずと知れたエヒメッシ(ハマのメッシ)。どう考えても呼ばれるだろうと思っていたが選外となった。マリノスの攻撃を牽引するドリブルとスピードは、代表でも切り札として十分活躍できるレベル。ドリブルで切り込んでDFを引き付けてからのラストパスは素晴らしく、自身でのフィニッシュ精度さえ上がれば選出確定だろう。

 

小林祐希

オランダのヘーレンフェーンで絶対的存在として試合に出続けるMF。トップ下ではなくCMFやアンカーの位置でのプレーが多いが、きっちりと役割をこなしてクラブでの評価を上げている。下がってのプレーが多いため得点こそないが、実力は十分。スペースにボールを出せるセンスや守備能力も高いレベルなので、いつでも代表でスタメンを張れるだけの能力はあると思う。個人的に期待大の選手だ!

 

 

FW

小林悠

川崎を引っ張るストライカー。中村憲剛と共に攻撃を牽引し次元の違うプレーを見せることもしばしば。今季はCFというか多分右サイドが主戦場っぽい。決定力の高さと反応の良さは抜群。身長はあまりないが、身体もそこそこ強いのでなんでもできる感じの選手だ。

 

 

 

まぁこんな感じですかねー。ポストプレー専念として、ハーフナー・マイク豊田陽平なんかを呼んでも良かったのかもしれませんが、まぁそれはもう別のお話ですな。

 

 

小林祐希は次辺りに呼ばれるんじゃないでしょうか?期待の選手なんで頑張って欲しいっす!それでは、あでゅー。