読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

第914回 toto予想(ルヴァンカップ)~結果発表~

 

 

 

(予想が複数個あるものは赤字が本命です。黄色いマスは的中箇所です。)

 

 

minitotoA組

No ホーム アウェイ 予想 結果
1 FC東京 ベガルタ仙台 1     1
2 ジュビロ磐田 コンサドーレ札幌 1     2
3 サガン鳥栖 アルビレックス新潟 1     0
4 セレッソ大阪 横浜 F・マリノス 1 0 2 1
5 サンフレッチェ広島 ヴァンフォーレ甲府 1     0

 

トリプル1 300円

2/5

 

totoGOAL3

No 予想チーム 対戦相手 予想 結果
1 FC東京 ベガルタ仙台     2   3
2 ベガルタ仙台 FC東京 0       0
3 ジュビロ磐田 コンサドーレ札幌     2   0
4 コンサドーレ札幌 ジュビロ磐田   1     2
5 サガン鳥栖 アルビレックス新潟   1 2   2
6 アルビレックス新潟 サガン鳥栖 0       2

 

ダブル1 200円

2/6

 

合計購入金額 500円

 

なんとまぁ悲惨なこと・・・あぁジュビロ磐田・・・札幌に今季初勝利を与えてしまうなんて・・・ということで今回もこんな感じで残念な結果に。

 

FC東京はFWに前田遼一を起用し前節から8人を変えてスタート。控えにはデビューもあるかと言われていたウタカがスタンバイ。仙台も9人変えて疲労を考慮した。前半から猛攻のFC東京前田遼一がいい位置まで降りてきてポストプレー。連携を深める役を担いながらサイド・中央問わず攻撃を活性化。前半は1点に終わったFC東京だったが後半に一気に溢れ出た。結果としては6-0。全ての面において上回ったFC東京が難なく勝利。ウタカは森重から譲り受けたPKをしっかり決め移籍後初ゴールを記録した。

 

ジュビロ磐田は小川航基がスタメン出場。前半のうちからテンポよく攻め続け何度もゴールに迫ったが枠を捉えられなかった磐田。これが仇となり後半開始10分後に決められビハインドに。相手のGKのセーブもあり最後まで決めきれなかった磐田は終了直前に都倉に決められゲームセット。ホームで悔しい敗戦を喫し、対する札幌は今季初勝利となった。

 

 

昨日はACLもあって見れた試合はこれだけですね。セレッソはセットプレーから2点を奪ってマリノスに勝利。マリノスはやはり攻撃陣を変えてしまうと機能しないような感じですかね・・・。広島と甲府はスコアレスで終了。共に無失点で終えた守備陣の奮闘と攻撃陣の不発といったところか。鳥栖と新潟は90分に鳥栖が勝ち越すも91分に新潟が追いつくという劇的な展開。ちなみに新潟は今季田中達也以外が得点していないというなかなかすごい展開に。今季決めた4得点全て田中達也のゴール。それはそれで面白いがあとあと困ることにもなりそうだ。むしろ他も決めれれば勝てた試合も多いのかもしれない。

 

と言った具合ですね。ルヴァンカップはサブメンバーで臨むことが多いのでそこが上手くハマったチームは控えメンバーもアピールできて、選択肢も増えてリーグ戦にいい影響を与えそうです。こっちもしっかり気にしながらJリーグを楽しんでいきたいと思います。それでは、あでゅー。