ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

Jリーグ (ジュビロ贔屓の?w)順位予想!

えー、私は好きなクラブはチェルシーです。Jで応援しているのはジュビロ磐田と地元のSC相模原です。そこを踏まえながら見て下さいwなんて言いつつも至って真面目にやっていきます。

 

 

今回はtoto予想の前に今年のJの順位予想をしていきたいと思います!toto予想の前に今年のチームのできはどんなものか、というのを確認するとともにシーズン終了後に(覚えてたら)楽しめるコンテンツとして置いておきたかったのでやっていこうと思います!

 

 

 

1位

鹿島アントラーズ

昨シーズンは後半に失速しながらも最終的に巻き返し優勝。CWCでは準優勝を果たし一大ブームに。主力の柴崎が移籍したものの大きな問題はなさそうだ。先日のフジゼロックススーパーカップでは浦和相手に2点を奪い折り返すも後半に追いつかれ流れが傾いた中、一瞬のスキを見逃さなかった鈴木のゴールで勝ち越し見事に優勝。鈴木の活躍に期待+新規加入の即戦力外国人トリオ(新潟からレオ・シルバ、神戸からペドロ・ジュニオール、ブラジルのパルメイラスからレンタル加入しているレアンドロ)にも注目。

 

2位

浦和レッズ

昨シーズンは盤石の強さを見せつけていた浦和。GK・DF・MF・FWにそれぞれ代表クラスを擁していたが今年はそこにさらに新潟のキーマンであったラファ・シウバ、ジェフ千葉からはオナイウ阿道と長澤が加入し岡山からは矢島がカムバック。ラファシウバは早速ACLで得点しチームに馴染んでいるように思える。大一番での弱さが克服できれば優勝間違いなし。

 

3位

ヴィッセル神戸

はっきり言って去年も優勝できるだけの戦力はありました。外国人コンビは抜群の破壊力を持ってました。今冬FWペドロ・ジュニオールが鹿島に移籍。しかし即戦力級のFWの田中順也・MFの高橋秀人を獲得し戦力は十分です。今夏にはポドルスキの加入の噂もあり目が離せません。

 

4位

ガンバ大阪

実際ここから下の3チームくらいはここらへんだろって感じで悩みましたがあえて順位を付けるならこの順番かと。 レンタルだったアデミウソンが完全移籍で加入。マリノスから大型DFのファビオも加入。そしてなによりもともとの戦力が高く、若い世代も着々と成長していて楽しみなチームに仕上がった。

 

5位

川崎フロンターレ

風間監督が退任し新監督で迎える新シーズン。レンタル移籍中だったエドゥアルドとエドゥアルド・ネットが完全移籍で加入。しかし負傷者が多くエドゥアルドは5月復帰、エウシーニョも全治3ヶ月とDF陣に怪我人が目立つ。攻撃陣では大久保嘉人が移籍し小林悠に大きなプレッシャーかかりそうだ。コレがどう影響するか次第で順位は上にも下にもなり得るだろう。

 

6位

FC東京

青森山田のGK廣末陸を獲得。成長が期待できる超高校級の新人だ。そしてフィテッセから太田宏介が復帰。MFはハ・デソンや高橋秀人の抜けた穴に高萩洋次郎が加入しFWは名古屋から快足の永井が、川崎から大久保が加入した。DFライン以外は入れ替わりが他のクラブより多いように見えるがこの移籍がバッチリ合うかがキーとなるだろう。

7位

ジュビロ磐田

8位

柏レイソル

9位

サンフレッチェ広島

10位

横浜Fマリノス

11位

大宮アルディージャ

12位

セレッソ大阪

13位

サガン鳥栖

14位

清水エスパルス

15位

コンサドーレ札幌

16位

ベガルタ仙台

17位

アルビレックス新潟

18位

ヴァンフォーレ甲府

 

 

 

とこんな感じです。詳しいやつは上位6チームだけにしました。なんせ文字数が結構いってるんで(笑)

コレの閲覧数が多ければまたtoto予想の後にでも続きをやるので是非見て下さい!それでは、あでゅー。