ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

ウイイレ2017 若手ながらも金レアリティの選手をオークションなしで取る!

なかなか好評の若手シリーズ。多分自分と同じ気持ちでウイイレをプレイしている人もそれなりにいるんではないでしょうか。いい若手を揃えておきたいとか。まぁそれはマスターリーグでやるべきなんでしょうけども(笑)

 

ということで今回は23歳以下の若手ながらも既に金レアリティとなっている選手を紹介していきます。既に金レアリティとは未来のスーパースター候補ですね!その中でも取りやすい選手を今回は紹介します!

 

 

 

ファビーニョ (ASモナコ/RSB)

  • RSB
  • 185cm以上
  • ドリブル

他は銅1。だいぶ取りやすいです。

1993年生まれの23歳。188cmと高身長ながらもブラジル産らしいスピード感あるタイプの攻撃的サイドバック。フィジカルも弱いということもなく十分に競れるだろう。モナコでは今シーズンはボランチもこなし始めている。ポジションが変わる前にとっておくのがオススメかもしれない!

 

 

ストーンズ (マンチェスター・シティ/CB)

他は金1・白1。金はマンチェスター・ユナイテッドダレイ・ブリント。金がいるので少し厳しいかもしれない。

1994年生まれの22歳。身長は188cmとDFとして十分の高さ。彼の一番のウリは足元の技術の高さだろう。RSBもエヴァートン時代にはこなしていたのでそのレベルが伺える。ただその自信のパスセンスなどを過信しすぎてクリアせずにつなごうとしてミスする場面も。ウイイレではそれはプレイヤー自身なので十分カバーできる。少し線が細くフィジカルが課題だがイングランド期待の星といえるだろう。

 

 

 ベジェリン (アーセナル/RSB)

他は金1・銀2・銅1。少し厳しいが狙う価値アリの選手。

1995年生まれの21歳。多分だけど現役サッカー選手の中で最速の選手。今作ではスピード95・瞬発力97というイカれた数値になっていて駆け上がってきたときの速さ、守備に戻るときの速さ、とにかく速さが尋常じゃない。守備が課題だったがそれも少しずつ克服していてこれからがほんとうに楽しみだ。マジで速い。

 

ブファル (サウサンプトン/OMF)

他は銅1。取りやすい!

1993年生まれの23歳。モロッコ代表。OMFがメインだが両サイドハーフや両ウイングもこなす器用な選手でウリはスピードの速さとドリブルの上手さ。ボールを受けに降りてきて攻撃に絡むタイプの選手だ。スピードやドリブル以外は少しまだ成長過程だが十分戦力になり得るだろう。ちなみに在籍クラブはサウサンプトンで吉田の同僚だ!

 

 

さて今回は流石に確定はなしです。金レアリティともなるとなかなか厳しいですな。というか金レアリティの確定は以前紹介しているのでそちらを参照して下さい。今回は23歳以下で獲得しやすい金レアリティの選手に絞って紹介しました。もう名前も知っている選手が多いですが知らなかった方は獲得しなくてもいいので是非名前だけでも覚えて下さい!それでは、あでゅー。