ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

ウイイレ2017 コンセプトアレンジどうしてる?~オフェンシブ編~

今回はコンセプトアレンジのオフェンシブな部分について話していきたいと思います。

 

コンセプトアレンジを選ぶ時に少し説明書きみたいなものが書いてありますがアレを見て選んでいる方に少し補足できればなと思っております。基本的には自分に相性がいいコンセプトをまだ見つけられていない方向けの記事となります。使っているコンセプトを見直すいい機会かもしれませんのでもう自分のコンセプトは決まっている!という方もお時間がアレば見て頂ければ幸いです。

 

 

 

ワイドポジショニング

f:id:Leovvae:20170104150601j:plain

 

その名の通りワイドにポジショニングします(笑)

○ボタン長押しでサイドチェンジすると受ける側がライン際まで寄っているのでDFとの距離が遠くカットされにくいのが特徴です。行き詰った際にサイドチェンジで攻め直したい方は入れてみては。ただし、真ん中の層が薄くなりがちです。サイドハーフと真ん中の連携は少し取りにくくなります。

 

サイドバック攻撃参加

f:id:Leovvae:20170104150614j:plain

攻撃的サイドバックでなくてもコレを入れることで攻め上がります。サイドバックが上がることでサイドからの攻撃に選択肢が増えます。中盤の選手が下がり偽3バックのような状態で守備をします。サイドからの攻撃に厚みが出ますが上がったサイドにスペースが生まれるので相手のコンセプトでカウンターターゲットがサイドに居る場合は控えておきましょう。

 

 

サイドローテーション

 

f:id:Leovvae:20170104150546j:plain

 

前線のサイドの選手がサイドラインまで相手DFを引き連れてボールを受けに来ます。代わりに中盤の選手や前線中央の選手が空いたスペースに走り込みます。2列目からの飛び出しがなくても中盤の選手が積極的に中に走り込みます。この状況でボールを支配できるとサイドからも中からも攻められて攻撃の選択肢がぐぐっと増えます。ただし、予期せぬ選手が上がってきてしまうことがありますので要注意です。

 

ティキタカ

f:id:Leovvae:20170104150554j:plain

バルセロナといえばティキタカ。とにかくパスを繋ぎボール支配率をググっと上げるコンセプトです。サイドハーフやウイングの選手が勝手に前に動き出すことはなくなりチャンスメイカーのようにボールに積極的に絡みに来ます。ラインブレイカー持ちのCFもほとんどDFと駆け引きをしなくなりゴールに背を向けてボールを受けに来ます。DFラインがずるずると上がりやすいのでパス回しの際は気をつけましょう。サイドバックを攻撃に参加させるとさらに繋げやすくなります。

 

偽9番

f:id:Leovvae:20170104150607j:plain

真ん中の選手がおりてきてパス回しに参加します。トップ下の位置よりもさらに下がってプレーに参加。代わりにサイドハーフやウイングがサイドから真ん中に走り込みます。OMFも中央から前線に飛び出す動きが多くなります。カウンター時には真っ先にサイドの選手が駆け上がり真ん中の選手はつなぎに徹するというイメージです。サイドには速くて決定力の高い選手を置くといっそう効果的でしょう。

 

クロスポジショニング

f:id:Leovvae:20170104150542j:plain

 

今作鬼強のクロスのためのコンセプトです。コレを入れるとサイドでボールを持つと一斉に前線の選手と反対側のサイドの選手が駆け上がりゴール前でボールを待ちます。イブラ・ペッレ・キャロルなんかを最大限活かすコンセプトです。使う場合はサイドの選手にピンポイトクロス持ちを起用するのがオススメというか絶対です。サイドから中盤に戻してこねたりしてもクロス待ちで上がっている選手が降りてこないので詰むこともしばしば。サイドでボールを持ったらまずクロスを上げるしかなくなるコンセプトです。

 

サイドバック

f:id:Leovvae:20170104150610j:plain

中盤より上でボールを持つとサイドバックがオーバーラップではなくインナーラップ気味に上がってきます。CMFやDMFとほぼ同列でパス回しに参加します。サイドからの駆け上がりはなくなるのでサイド攻撃の層の厚さは失われますが中盤で支配することで前線にボールを散らしやすくなります。プレスが厳しく出しどころが無くなる場合にはうまくつなぐために使っても良いかもしれません。

 

 

 

とまぁこんな感じです。使ってみて思った個人的な感想も含んでいるので全部鵜呑みにされると困ります(笑)同じコンセプトでもどの選手でも同じ動きをするわけではないので 自分の使う選手やフォーメーションに合わせて試してみるといいでしょう。それでは、あでゅー。