読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

2016~17冬 チェルシー移籍情報

今冬も様々な選手の移籍情報が出ています。この選手はぜひともほしいと思える選手から、うーん、合わないんじゃないかなぁと思う選手もちらほら。そんな様々な選手たちを少しずつ取り上げていこうと思います。

 

OUT (確定)

8 オスカル

2012年の夏にインテルナシオナルから加入。その年のCLのユヴェントス戦で華麗なゴールを決めサポーターに大きな印象を与えた。14-15シーズンからは退団したランパードに変わって8番を背負った。14-15シーズンではプレミアリーグ制覇とEFL制覇、12-13ではEL制覇などに貢献した。チェルシーでは203試合に出場し38ゴールを挙げた。

 

 

 

移籍の噂される選手

GK

ヤン・オブラク

アトレティコ・マドリー所属 スロベニア代表 188cm 23歳

23歳ながらアトレティコの守護神を務める。モヤの控えとして入団もモヤの負傷により得たチャンスを物にしリーガ最高のGKと呼ばれるまでに。若く成長も期待できる。

チェルシーでは昨シーズンよりGKコーチとの不仲が報じられていたクルトワの代役としてピックアップ。兼ねてより噂されるクルトワのレアル移籍に備えてとしても見られる。

 

DF

ファン・ダイク

サウサンプトン所属 オランダ代表 193cm 25歳

193cmの高さと身体の強さが自慢のDF。セルティックからセインツに加入後ポルトガル代表のフォンテや吉田とコンビを組むこともしばしば。オランダA代表に昨年初招集。

 

マノラス

ASローマ所属 ギリシャ代表 189cm 25歳

189cmの高さに加えフィジカルも強靭で俊敏性や速さ比べでも負けないだけのスピードを備える三拍子揃ったCB。危機察知能力にも優れインターセプトが多い。

3バックを採用するチェルシーではルイス、ケーヒル、アスピリクエタの3人に変わるCBを探している。負傷続きのキャプテンのテリーやズマの復帰を考えた上でも来シーズン以降にヨーロッパを舞台に戦いを繰り広げるのであればCBの補強は必須といえるだろう。ファン・ダイクはケーヒルに匹敵する高さが魅力。高さと速さを兼ね備えたマノラスもルイスやズマと組ませればさらに驚異的となるだろう。

 

MF

ラジャ・ナインゴラン

ASローマ所属 ベルギー代表 175cm 28歳

まさに今全盛期を迎えようとしている現代のダイナモ。縦横無尽にピッチを駆け回り攻撃、守備の要所で顔を出しサポートする。小柄ながらも強く、高いパス精度を誇りスピードも十分、そして90分間走り続けられるスタミナとどれをとっても一級品だ。是非獲得したい。

 

アルトゥーロ・ビダル

バイエルン・ミュンヘン所属 チリ代表 180cm 29歳

飲酒運転で自身の乗っていたフェラーリを大破させながらも自身と同乗者は無傷、さらには相手方も無傷と幸運の持ち主(笑)。レヴァークーゼンで活躍しユヴェントスに引き抜かれリーグ制覇などに貢献。その活躍を見込まれバイエルンに移籍しまたもブンデスに戻ってきた。豊富な運動量と類まれなセンスで中盤を駆け回る。また、攻撃センス、守備センス共に抜群でトップ下から最終ラインまでこなすことのできるユーティリティさもウリだ。

 

マティッチ、カンテ、セスクの代役以上の逸材とも言えるだろうメンバーが噂されている。ビダルに関してはWBもこなせるだろうからぜひ獲得しておきたい。どちらの選手も移籍金がネックだがオスカル売却によって得た資金で是非獲得して欲しい。

 

FW

ハメス・ロドリゲス

レアル・マドリー所属 コロンビア代表 180cm 25歳

ポルト時代の活躍が知れ渡りモナコに移籍、W杯での活躍もありレアル・マドリー移籍と順調にステップアップし、レアルでも活躍する。しかし、ジダン監督の就任後守備力を求められ次第に序列は下がっていった。が、左足から繰り出される精度の高いパス、全体を見渡せる高い視野、そして華麗なテクニックと超一級品の宝石でまだ25歳とこれからも成長できるだろう。

 

ジョレンテ

スウォンジー所属 スペイン代表 195cm 31歳

195cmの長身とフィジカルの強さを武器に前線でポストプレーを披露する大型FW。ビルバオでの活躍後ユヴェントスでも活躍。その後スウォンジーに移籍し今シーズンはチームの半分の得点に絡む活躍を見せている。長身ながら足元も起用で足元からのラストパスも期待できる。

 

ハメスはウイングとしてぜひ加入してもらいたい。ウィリアン、ペドロと切磋琢磨すればいい経験になるだろう。ジョレンテは純粋にコスタの控えだろう。バチュアイだけでは厳しいと感じる部分も多く大型FWをぜひ獲得しておきたいところだ。

 

 

 

16-17の冬の移籍シーズンも始まったばっかりですがこれからどんな選手が来るのか楽しみです。それでは、あでゅー。