読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

第899回 totoGOAL3予想(天皇杯)

今回は久々に日本のクラブの予想です。Jリーグ終了後には各クラブで移籍だったりの話がたくさん出ていると思いますが勝ち進んでいるクラブの戦いはまだ終わってません。Jリーグのチャンピオンシップを年間3位ながらも制し開催国王者として出場したCWCではアジア勢初の決勝進出を果たし前後半90分を2-2で終え延長を含めた120分間をレアル・マドリーと戦った鹿島アントラーズには今回は皆さん期待しているのではないでしょうか。まさかJリーグで最後の4節を連敗で終えたチームが年間3位の状態からチャンピオンシップを制しCWCの決勝まで行くとは思ってもいませんでした。このチームの勢いは侮れませんね・・・

 

前置きがずいぶん長くなりましたがこっからはしっかり予想をやっていきます!今回は天皇杯準々決勝の4試合の中から3試合を対象にしたGOAL3のみです!

 

 

toto GOAL3

No 予想チーム 対戦相手 予想
1 鹿島アントラーズ サンフレッチェ広島   1 2  
2 サンフレッチェ広島 鹿島アントラーズ   1    
3 横浜F・マリノス ガンバ大阪   1  2  
4 ガンバ大阪 横浜F・マリノス   1    
5 FC東京 川崎フロンターレ   1    
6 川崎フロンターレ FC東京   1 2  

 

 

ダブル3 800円

 

 

今回はこれで勝負します。ダブル4にしても良かったかなと思いつつも少額投資で勝負です。手堅くいったつもりなんですがどう作用するか。当たってもリターンは少なそうな予想です(笑)

 

連日スポーツニュースを騒がせる程の活躍をした鹿島アントラーズはホームでサンフレッチェ広島と対戦。直近5試合の直接対決で4勝1分と大きく勝ち越している鹿島アントラーズが優位だろう。しかしながらここまでの過密日程も考慮して1もマークし引き分けに終わることも視野に入れた。

 

ベテランとの契約で少し暗雲が立ち込める横浜F・マリノスG大阪と対戦。なんだかこのカードにスゴイ見覚えが・・・(笑)10月に3試合して全部ドローに終わってますね。G大阪優勢との下馬評ですがパトリックや呉屋らFW陣の欠場に加え怪我人もちらほら。日産では通算2勝5分8敗とガンバが大きく負け越している点にも注目し私はマリノス優勢に。中村俊輔の復帰が嬉しいニュースですが今後がどうなることやら。個人的にはぜひ磐田に来て下さい(笑)。

 

多摩川クラシコとなった今回の試合はFC東京がホームで川崎フロンターレを迎え撃つ。直近5試合で僅か1勝でホームでの通算成績は4勝1分8敗と大きく負け越しているFC東京。対する川崎はアウェイでも大きく勝ち越している中で風間監督退任ということもありなんとしてもタイトルがほしいところ。大久保の退団もありここで負けてシーズンを終えたくはない。戦力的にも、流れを見ても川崎優位だろう。

 

 

開催日は24日ですか。。。私は嬉しいことに予定もないのでしっかり見ますよ!(泣)

 

それでは、あでゅー(泣)