読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

ウイイレ2017 LiveUPDATEについて①

最近は2週に1回くらいのペースになってしまったLiveUpdate。コナミさんも色々と忙しいんでしょうね・・・遊戯王もメンテだらけだったみたいですし(笑)

今回は憶測も含みつつLiveUpdateについてやっていきます。なんといっても重要なコンテンツですからね。勝っているチームでも試合中に調子の悪い選手はガンガンD評価になりますからやはり詳しいところまで見ているのでしょうか。少し探ってみましょう。何回かに分けるかもしれないので①と銘打っておきました(笑)

 

 

チェルシーは現在9連勝中で中でもコスタが大車輪の活躍。毎週のようにB以上の評価で持っている方が羨ましいですね。先週のアップデートではシティ戦の調子が反映されたと思われます。

A判定

B判定はアスピリクエタのみで他はCです。試合内容を見る限りファブレガスは限りなくB判定に近いAかと思われます(個人的な意見ですが守備が軽すぎる)。オウンゴールを献上したケーヒルにはC判定。てっきりDくらいつくかと思っていましたがオウンゴール以外はしっかり守れていたのでそこまでは行きませんでしたね。

A判定の選手は納得の評価ですね。素晴らしいパスでアシストをしたファブレガス・1点目のゴールをあげ逆転弾をアシストしたコスタ・途中出場でカウンター一閃の逆転弾を決めたウィリアン・効果的な攻めを続け最後に3点目でとどめを刺したアザール・エースのアグエロを封殺したルイスとクルトワ。しかし、試合を見ている側からするとモーゼスやアロンソは評価に判定されない活躍があるのかなと思います。走り回っていて、間接的に守備に関与したりすることが多いので。

 

対戦相手のシティの評価ですが、デ・ブライネがB評価で他はCとDですね。個人的にはサネなんかも危険な匂いをさせる攻めを見せていたと思いましたがD評価。クルトワに防がれまくって挙句退場したアグエロがはCというのが少し納得いきませんね。まぁ一応試合中はいい動きをしていたからだと思われます。D評価ですがひたすらクソ守備を露呈したオタメンディコラロフ・そして謎のポジショニングでウィリアンに簡単にゴールを許したブラボ、アグエロと共に退場したフェルナンジーニョ、先述したようにカウンター時に速さを活かしながらも効果的な攻めに繋げられなかったサネの以上5人です。途中出場してウィリアンをケアするためにいれられたクリシーがウィリアンにぶっちぎられて失点していたのにC評価とは少し予想外でした。2試合で7失点のブラボは今週Eまで落ちるんじゃないでしょうか。

 

 

もしかしたらどこかの紙面の評価点を基準にしているのかもしれませんね。そこら辺も探ってみたいですが今週プレミアはミッドウィークなのでちょっと難しいですね。また近いうちにやれたらやろうと思います。それでは、あでゅー。