読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

第888回 toto予想

今回は第888回のtoto予想です。最近toto予想以外も何かしらやってたりしますのでそちらの方も時間がアレば是非見ていってください。そうしたら喜びます(笑)

本題に戻りますが第888回の予想対象は天皇杯の4回戦の試合の中でJ1同士の対決から5カード、残りはJ2第41節の試合となります。J2自動昇格の争いやプレーオフ圏内目指した争いなどJ2も目が離せませんし激戦必須の天皇杯も楽しみですね。波乱の多い終盤戦と天皇杯ですがしっかり読み切っていきたいと思います。

 

 

(予想が複数個あって赤字がある場合はそちらが本命です)

 

toto

No ホーム アウェイ 予想

1    柏   湘南   1

2  鹿島    神戸   1 0 2

3  横浜FM    新潟   1

4  鳥栖    広島      2

5  山口    山形   1

6  川崎    浦和    0 2

7  町田    松本   2

8  京都    愛媛   1

9  清水    岡山   1

10     長崎    讃岐   1

11     熊本    岐阜   1

12     千葉    札幌    1 2

13     群馬    徳島   2

 

 トリプル1 ダブル2 1200円

 

mini-toto A組

No ホーム アウェイ 予想

1    柏   湘南   1

2  鹿島    神戸   1 0 2

3  横浜FM    新潟   1

4  鳥栖    広島      2

5  山口    山形   1

 

 トリプル1 300円

 

mini-toto B組

No ホーム アウェイ 予想

1  川崎    浦和   1 0 2

2  町田    松本   2

3  京都    愛媛   1

4  清水    岡山   1

5       長崎    讃岐   1

 

 トリプル1 300円

 

toto-GOAL3

No 予想チーム 対戦相手 予想

1    鹿島    神戸    1 2

2    神戸    鹿島    1 2

3    横浜FM    新潟   2

4    新潟    横浜FM   1

5    鳥栖    広島   1

6    広島    鳥栖      2

 

 ダブル2 400円

 

合計購入金額 2200円

 

 

今回はこんな形で行ってみようと思います!

今回悩んだ箇所は複数マークが基本にしていきました。予算的に厳しいと思った箇所はminitotoで保険で複数マークと言った形で。安定の選択肢を選んだ感じでしょうか。至って一般的な予想かと思えます。戦力的に見て優位に立っているクラブや選手の欠場なんかを見て決めました。

 

鹿島-神戸の対戦カードはJ1最終節でやったばかり。今回も鹿島のホームゲームですが前節はホームで敗戦を喫した鹿島が天皇杯に入り立て直せるかがカギです。リーグ戦4連敗と絶不調のままリーグを終えた鹿島は代表でDF植田とMF永木、怪我で柴崎を欠く厳しい状態ですが負ければ終わりのワンマッチですので意地でも上がってくると思います。対する神戸は36試合出場の守護神キム・スンギュが代表で離脱中。しかしペドロやレアンドロといった攻撃陣は健在のため戦力的には優位かと思われます。しかしながら激戦必須の天皇杯。ホームの地力と言うのは怖いものでアウェイチームが飲まれる様も何度も。戦力的にはわずかに神戸、その他も加味すると鹿島にも分があるのでトリプルでマーク。

川崎-浦和はリーグ戦終盤にいろいろ賭けて競い合った仲。結果はどれも浦和にかっさらわれたもののこのまま終われない川崎。しかしながら最終節では手元に転がっていた年間優勝を後半に3失点し自ら放棄する形に。この守備意識の改善が急務と見られる。その上主力の小林悠や大島を欠いた状況でなおかつ天皇杯では勝利したことのない浦和との対戦はプレッシャーだろう。対する浦和は最終節で横浜FMと引き分けたものの年間と2ndの優勝を川崎からかっさらった。最終節で分けるまで6連勝と好調が続いているチームがアウェイでも暴れるだろう。唯一の懸念すべき点は主力が代表で離脱中だが層の厚さもあり大きな問題にはならなそうだ。流れや戦力的なもので浦和が勝利と予想しつつもホームということもあり川崎にもドローはあり得るか。

首位に立ちながらここ最近不調の札幌はここにきて好調の千葉と対戦。気付けば終盤の失速で松本ど勝点は一緒に、得失点差で遥かに及ばない清水には3差に。清水が勝ち札幌が負ければとても厳しい状況になる。アウェイでは8月以降未勝利と流れも悪い状況だが首位の意地を見せられるか。千葉は10月に失速したものの11月に入り金沢と格上で自動昇格を目指すC大阪相手に連勝し勢いに乗っている。ここ5試合の直接対決では2勝2分1敗と勝ち越している相手に今節も番狂わせを狙う。勢いの千葉となんとしても勝ちのほしい札幌。引き分け以外の決着を予想した。

 

柏は横浜FMはホームで格下と対戦。荒れる天皇杯とは言えここまでの戦力差を覆すのは厳しいだろう。そこもマークするとなると予算的にも厳しい(笑)鳥栖-広島はホームということもあり鳥栖にも期待したかったが今季は広島のダブルで終わっていることと、天皇杯では広島のほうがはるかに戦い慣れている点を考慮してシングルにした。

またJ2では松本、京都、清水の上位チームは問答無用で勝利と予想(笑)札幌のみ前述のことも加味して複数マークに。群馬と徳島も悩んだが終盤に来て調子の上がっている徳島優位か。J2残留の決まった群馬はのびのびとやれるだろうがここ最近失点の少ない徳島が勝利すると予想した。

 

ちょっと今回は長くなってしまいましたね。これで当たってくれればありがたい限りです。(笑)しっかり予想したので信じています。最近は自身の運も上向きがきがするのでBIGも一緒に買っておこうかと思います。目指せ!6億!(笑)

立冬を過ぎ冷え込みも一段と強くなってきましたので皆様お気をつけて過ごされますよう。それでは、あでゅー。