ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

第878回 toto(GOAL2)予想

こんばんわ。当日の更新となりぎりぎりです。すいません。ここ数日偏頭痛が続き液晶を長時間眺めていられるような状況が厳しく時間がかかってしまいました。

今回はJの合間を縫って開催されるルヴァンカップのゴール数の予想になります。日本代表で選手を欠いていたり過密日程となりますので各クラブの采配は普段とは変わってくると思いますのでそこらへんも考慮しながら少し詳しめに書いていきます。少なくなっちゃうので(笑)

 

 

(予想が複数個あって赤字がある場合はそちらが本命です)

 

 

toto-GOAL2

No 予想チーム 対戦相手 予想

1     G大阪   横浜FM    1 2

2    横浜FM    G大阪   1

3    FC東京   浦和    0

4      浦和   FC東京   2 3

 

ダブル2 400円  

 

合計購入金額 400円

 

 

G大阪は前節浦和相手にアウェイで4失点と守備崩壊。そんな中守護神の東口を日本代表で欠くという厳しい状況に。もともと失点が多いだけにいかに抑えるかが鍵となってくる。攻撃力はホームの吹田スタジアムでは申し分ない。長沢ら攻撃陣の活躍もあり直近3試合のホームゲームはいずれも複数得点で合計11点を奪っているなどホームでの強さが目立つ。しかしながら失点数も7点とどうしてもその点が不安になってくる。まず失点することは間違いないだろう。それが何点になるかというところになる。

横浜FMも直近3試合でいずれも複数得点と攻撃力は十分。しかしながら攻撃陣の切り込み役の齋藤学を代表選出で欠き中村俊輔も負傷中。アタッカーは他にも実力十分な選手は揃っているが斎藤の不在は大きいと思われる。G大阪が守備が弱い点もあり得点できる確率は非常に高いと思われるが吹田で勝てる確率は低そうだ。1-1のドローも視野に入れつつG大阪が複数得点して勝利するだろうと予想した。

 

FC東京はホームでの浦和戦で10年以上勝ち星のない状態。しかも1ヶ月前に浦和相手にホームで1-3で敗れたばかりで相性は最悪。なおかつ守備の要である徳永を怪我で、森重と丸山を代表で欠いている状態での試合となりとても厳しい状況である。唯一明るい点といえば得点力か。8月以降の10試合で無得点に終わった試合がなく5勝3分2敗とまずまずの成績(うち1敗を浦和に喫している点は忘れてはならないが)。

浦和は前節リーグ戦でG大阪相手に4-0と首位を走る調子の良さを見せつけ6連勝中と絶好調。攻撃陣は6試合連続マルチ得点で合計18得点で直近3試合では10得点と1試合平均3点を上回る爆発ぶり。さらに守備陣は直近5試合ではFC東京戦を除く4試合でクリーンシートを達成し鉄壁を誇っていて失点したシーンはPKのみとこちらも絶好調だ。懸念材料は日本代表への選出で守護神西川や守備の要の槙野、司令塔の柏木を欠くという点だが選手層も厚いため大した問題にはならないと踏んでいる。調子の良さと相性を考慮して複数得点は間違いなく、また無失点に抑えることも可能だと予想した。

 

 

前回他のことも書くなんて言っていましたがそれはまた別の機会に。今回は試合数も少なかったので予想材料をほとんど書いてみました。いつもこんなことを考えながらやっています。各チームは代表選出でメンバーを欠いていてなおかつ過密日程とハードな状況ですがJもルヴァンカップも終盤戦ですので頑張って欲しいです。

次回こそ前日までにやりたいと思ってます。そちらもよかったらよろしくお願いします。それでは。あでゅー。