読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

第876回 toto予想~結果発表~

Jリーグ toto予想 サッカー toto結果発表

天皇杯が間にあったため日曜日開催となりました今回。天皇杯で敗退したチームはいつもより1日多く練習やコンディションの調整に力を入れられたと思います。逆に天皇杯で出場したチームは選手の管理や起用など悩むことも多かったでしょう。さて結果発表です。今回は第876回のtotoの予想の結果発表です。やはり何個か荒れましたね。中2日は大きく影響していたと思います。それじゃーいってみましょう!!

 

 

 

(予想が複数個あって赤字がある場合はそちらが本命です)

 

toto

No ホーム アウェイ 予想 結果

1   仙台    名古屋  0 2  2←的中

2   福岡   神戸   2   2←的中

3   浦和   広島      1   1←的中

4   磐田   湘南   1   0

5    G大阪  FC東京   1   0

6   新潟   鹿島   2   2←的中

7   大宮   鳥栖      1  0

8     柏     甲府   1  1←的中

9   川崎   横浜FM   1 0 2  1←的中

10    愛媛   水戸     1   0

11    松本   清水    1 0    1←的中

12    岡山   長崎   1  0

13    京都    北九州    1  0

 

 

ダブル2 トリプル1 1200円

 

mini-toto A組

No ホーム アウェイ 予想 結果

1   仙台    名古屋  0 2  2←的中

2   福岡   神戸   2   2←的中

3   浦和   広島      1   1←的中

4   磐田   湘南   1   0

5    G大阪  FC東京   1   0

 

 

ダブル1 200円

 

 

mini-toto B組

No ホーム アウェイ 予想 結果

1   新潟   鹿島   2   2←的中

2   大宮   鳥栖      1  0

3     柏     甲府   1  1←的中

4   川崎   横浜FM   1 0 2  1←的中

5      愛媛   水戸     1   0

 

トリプル1 300円  

 

 

toto-GOAL3

No 予想チーム 対戦相手 予想 結果

1      福岡     神戸   1   1←的中

2      神戸     福岡    2 3  3←的中

3      浦和     広島    2 3  3←的中

4      広島     浦和   1   0

5      磐田     湘南   2   0

6      湘南     磐田   1   0

 

ダブル2 400円 

 

 

合計購入金額 2100円+900円(BIG)

 

 

今回は当せんならずでした。うーんひどい。外しすぎですね。思っていたよりJ1が結構荒れたのとJ2はドロー頻発でしたね。そこは全然読みきれませんでした。いくつか見た試合をピックアップしてやっていきます。

 

名古屋はもう負けられない状態。開始早々から仕掛けていきます。2分に自陣右サイドから闘莉王が長いフライパスを蹴るとうまくDF間から抜けてきた小川がボレーでそのまま叩き込み先制します。仙台もホームでこのまま終われません。後半立ち上がりには仙台が支配し猛攻を仕掛けますが決めきれません。逆にスキを突いた名古屋。田口が仙台GKからのパスを受けたDFに詰め寄りボールを奪うとそのままキーパーとの1対1を制して追加点。ホームで2点ビハインドとなった仙台は次々と攻撃的な選手を投入し反撃に出ます。87分に攻め上がったハモン・ロペスが左からクロスを上げると名古屋DFにあたりOG。1点は返したもののもう1点は奪えず仙台はホームで痛い敗戦。名古屋は残留に向けて1歩前進です。

 

前節敗れ3位に転落した川崎は主力の大久保とエドゥアルドを出場停止で、井川を負傷で欠いての試合。対する横浜FM中村俊輔が負傷で欠場。試合は堅守の横浜FMが耐える展開となった。14分に川崎の小林悠のクロスに合わせた狩野がヘディングで叩き込む。しかしそこからは両者譲らずゴールを割ることが出来ず。前半はもちろんのこと後半も終了間際まで試合は動かず。39分に中盤でボールを奪った川崎はすかさず前線に。三好がDFの間を抜け出しキーパーと1対1に。キーパーの頭上を超えるループシュートを落ち着いて決めゲームセットかと思われたがロスタイムに横浜FMの天野のクロスに伊藤が合わせるとクロスバー直撃。それを中町が押し込んで1点差に詰め寄ると今度は相手のミスパス齋藤学が拾って敵陣深くまでドリブル。真ん中にパスを出すと伊藤がそのまま叩き込み同点に。そして最後のゴールは100分に生まれることになる。川崎が得た最後のチャンス。中村憲剛が蹴ったCKをファーで拾った田坂がすかさず折り返しのクロスを上げると小林悠が頭でゴールの隅に押し込み勝ち越し。文字通り死闘を制した川崎はチャンピオンシップ出場権を獲得。敗れた横浜FMは厳しい状況になった。

 

 

今節は川崎-横浜FM神奈川ダービーが全部持っていきましたね(笑)見ててびっくりしました。柏に大敗して以来やっと守備が安定したなと思ったのですが最後の最後に2失点。結局勝てたから良かったもののなんだかとても危なっかしいです。主力を欠いて死闘を制せたのは大きいと思います。

G大阪FC東京も激しい打ち合いの末3-3のドローだったようで。ハイライトを見ましたが河野のゴールは凄かったですね。

 

とだいぶ長くなってしまったのでこれくらいに。次回の予想は第877回のtotoの予想になります。よかったら見てください!それでは!あでゅー。