読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

第869回 toto予想(GOAL3)

皆様いかがお過ごしですか!今回はtotoでの試合結果の予想はなくGOAL3のみの予想となります。対象となる試合の両チームの得点数のみを予想していきます。

対象となる試合はヤマザキナビスコ協賛で行われるルヴァンカップの準決勝第1試合となります。全部で4つのカードが有りますがそこから3つのカードを予想していきます。

またこの試合では各チームから選抜された日本代表選手の離脱もありますのでそこら辺にも気を配って予想していきたいと思います。

 

 

toto-GOAL3

No 予想チーム 対戦相手 予想

1      大宮     横浜FM     1

2    横浜FM    大宮    1 2

3      神戸     浦和    2 3

4      浦和     神戸      1

5      広島    G大阪    2

6     G大阪   広島      1

 

 ダブル2

 

合計400円

 

 

 

この予想だけだとなんとも寂しいですね、文字数的にもちょっと少なすぎるので色々考察し、今回の予想材料としたものを挙げていきます。

 

大宮ー横浜FMの試合では2ndステージに入ってから両チームともにあまり負けてはいませんが勝数もそこまで多くない印象。どちらもセーフティなサッカーを展開しています。1stステージでのこのカードの結果は1-1とどちらも安定したサッカーをしています。今回もあまり派手な展開にはならずにドローになる。もしくは戦力的に優位に立っている横浜FMが勝つ。という2択に絞りました。本命は1-1のドローで。動きがあれば横浜FMが勝ち越しに成功すると見ています。

 

2ndステージ第10節ではホームの神戸が勝利。中3日で同一カードでの試合となります。勢いはホームで同じように勝つであろうと思われる神戸ですが浦和もここで連敗は避けたいところです。が、浦和からは槙野智章が肉離れのためチームから離脱。さらに代表招集で守護神のGK西川周作と前節で槙野の代役を担っていたDF遠藤航、さらには司令塔のMF柏木陽介が離脱となります。前節同様ポゼッションサッカーで守備を破ろうとする浦和とカウンターでスキをついて奪いに行く神戸の試合になると思われます。攻守の要を失った浦和の勝利が見えなかったためこの予想で勝負します。

 

広島ーG大阪の試合は昨シーズンのチャンピオンシップでも激突するなど多くの名勝負を生み出してきたカード。前節広島はエースのウタカを病欠で欠くも見事に2点をもぎ取り勝利。ウタカに頼らずとも点を取れることを証明しました。ホームで勝利に躍進するであろう広島は2をマーク。対するG大阪は今季はあまり攻撃陣がパッとしません。アウェイで勝負をかけても1点どまりといったところかと思います。次のホームで勝負を仕掛けてくるでしょう。

 

 

以上が今回の予想の材料となります。浦和からは合計で4人が離脱。しかもどの選手も主力クラスですので苦戦を強いられるのは必須とも言えそうです。大宮ー横浜FMのドローの多さは2ndステージだけでも十分わかります。まず負けないサッカーを展開している両チームの試合です。あまり荒れることはないでしょう(そうであってほしい)

 

次は第870回の予想になります。代表で選手が抜けていたりルヴァンカップ出場チームは過密日程の疲労だったりと懸念材料がおおくありますがそこもしっかり読み切れればなと思います。次回の予想は金曜日にはあげれると思います。良かったら見ていってください。あでゅー。