ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

第867回 (mini)toto予想+第868回totoについて

こんにちわ。台風も過ぎ去り超絶暑い日々が戻ってきました。私がこれを書いている部屋は34度と溶けてもおかしくないような温度です。みなさんも熱中症にはお気をつけてくださいね。。。

終わりそうな雰囲気ですが終わらせませんよ。本題はこっからです。

 

今週末まで発売されているtotoですが第867回は変則日程のためminitotoとGOAL3のみの発売になっています。J1の5つの対戦カードを予想するものです。前節は波乱が頻発したために1等が出ていません。酷暑の中での選手起用など色々と各チーム考えるものがあったのでしょう。今節も波乱が起きるのかはたまた順当に行くのか。前節ホームで甲府に負けてしまった広島はアウェイで仙台と対戦です。久しぶりにウタカらの攻撃陣が沈黙していましたが今節は持ち味を取り戻せるのでしょうか。そんなところも含めて予想していきます。

 

そしてですね、今週は第868回も発売されています。こちらはなんと海外リーグが対象となっています。ブンデスリーガ6カードとプレミアリーグ7カードの予想です。なかなか楽しみになってきました。第868回に関しては次でやります。Jしか見ない人もいるかもしれないですしね。とりあえず本題に戻って第867回のminitotoとGOAL3を予想していきます。

 

 

mini-toto A組

No ホーム アウェイ  予想

1     仙台    広島    0 2

2     川崎   柏     1

3     湘南   G大阪    2

4     神戸    浦和     0 2

5     鳥栖    新潟      1

 

 

ダブル2 400円 

 

 

toto-GOAL3

No 予想チーム 対戦相手 予想

1       仙台    広島     1    

2       広島    仙台    1 2

3       川崎      柏     2 

4      柏      川崎   1

5       神戸    浦和      1

6       浦和    神戸     1 3

 

 

ダブル2 400円 

 

合計 1200円

 

 

このような形の予想となりました。

ホームで2連勝中の仙台は広島と対戦。広島は前節0得点で敗戦しているものの攻撃力の高さは健在かと思われる。なので今回は広島の勝利を軸に失点した場合に備えドローもマーク。広島が2試合連続で無得点はないと踏んでのマークだ。

浦和とのアウェイでの1戦を勝利で切り抜け首位攻防戦を制した川崎。等々力で柏と対戦。首位となり勢いのある川崎と攻撃陣が奮闘し連敗ストップとした柏の対戦だが今シーズンの川崎の出来の良さはピカイチ。柏は守備陣に相変わらず不安が残る。

現在泥沼の7連敗と厳しい状況の湘南はホームでG大阪と対戦。G大阪阪神ダービーを落とし連勝ストップ。どちらもいい流れがないと言えるが湘南は前節シュート数3と攻撃陣の奮闘が虚しい結果に。対するG大阪は攻撃こそうまく言っていたものの神戸DFの強固な守りの前に為す術なく。PKも止められるなどして無得点に終わったが湘南よりは明るい材料が多い。

阪神ダービーを制した神戸は浦和と対戦。強固なDF陣のおかげで無失点に抑えられたもののペドロ・ジュニオールの1点のみと寂しい得点だった点に暗い影が見える。対する浦和は首位攻防戦を落とし川崎との差が開いたばかり。これ以上は負けられない戦いの中で神戸戦に相性のいい興梠の活躍に期待がかかる。

2ndステージで好調とも言える鳥栖は新潟と対戦。前節は終了間際にPKを与えヤマハでの初勝利にはならなかった。しかしながら攻撃陣が安定して得点していて2ndでは未だ1敗と流れは悪く無い。対する新潟はシルヴァが出場停止明けに点を決め、攻撃陣の野津田と鈴木武蔵がリオから復帰とこちらも悪くない様子だが鳥栖の攻撃陣相手にどれだけDF陣が踏ん張れるか・・・といったところ。

 

そんなこんなでこんな感じの予想が出来上がりです。文字数がいつもに比べると少なかったので細かく予想した材料を書いてみました。また、代表の発表がありましてモチベーションが上がっている選手もいると思います。そこら辺も注目しながら見れたら良いなと思っています。代表メンバーについての事も書こうかと悩んでいます。時間が取れたら書いておこうと思います。また、第868回の予想も上げる予定でいますのでそちらも良かったらご覧ください。あでゅー。