ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

Jリーグ 放映権料210億円と契約についてぐだぐだと

Jリーグの放映権料について新たな契約を締結したとのニュースが有りました。概要は

Perform Groupが展開するスポーツ系ライブストリーミングサービスのDAZN(ダ・ゾーン)が2017年から10年間の契約を締結。その放映権料はなんと総額2100億円。1年で210億円です。この契約によって、2017シーズンよりJ1、J2、J3の試合がすべてTVやPC、スマートフォンタブレット端末はもちろんのことゲーム機等様々な機器、端末で見ることができるそうだ。サービスの詳細については今夏発表となっている。スカパー!との契約に比べると数倍の規模の契約となる。また、同時にNTTとの協業していくことでJ1のホームスタジアムの情報通信技術の向上を目的とするスマートスタジアム計画を発表した。これは、スタジアムにいながらスタッツやリプレイを見ることができるという画期的なサービスだ。(今まで何があったかわからなかったことが何度かあるので個人的にとても嬉しい)

今回の契約によってJリーグで初めてJリーグ自体が放送に関する著作権を保持することになる。これによって中継制作費等もJリーグ自体が捻出し中継することになるが動画の放映権料自体をJリーグが保持しているので今までよりもいっそう手軽な価格でJリーグが見られるのではないかと期待できる。

今までは地元のクラブがJ1の地域はテレビで見ることが出来たがJ2やJ3は厳しかった。今回の契約でJ2J3ともに配信されるとのことなので地元にJ2やJ3のクラブがある人達を引き込めてとても良さそうだ。スタジアムに行くことは厳しい人たちに見せることが出来、中継を見て興味を持った方がスタジアムに足を運んでサポーターになってもらえればクラブや選手としても嬉しいだろう。スタジアムに足を運ぶ人が来れば自然とその地域が活性化されるのでいいのではないだろうか。と言っても、人が増えることでその地域のコミュニティが変わっていってしまうこともあり問題視されるが。。。

 

まぁ難しい話はよくわからないが私個人としてはJ3まで見れるようになるのはありがたい。なぜなら私はJ3のクラブのある街に住んでいるからだ。見に行けない日はスマホやPCなどで観戦できればめちゃくちゃ嬉しい。

 

話が少し変わるけども210億円ってどんなもんよ?と思う方もいると思う。今までのスカパーとの契約は多分50億位だったと思うのでそう考えるとスゴイ。ただ世界的に見ればまだまだだが、少しずつJリーグが発展し規模が大きくなっている証なのかなと思う。余談だがイングランドプレミアリーグでは1年で4000億円を超える。それに欧州のCLやELもプラスされるのでプレミアの価値がどれだけスゴイかよく分かるだろう。2位のイタリアのセリエAでは1500億ほど。まぁプレミアの放映権料が異常に高騰していると言ってもいいがやはりプレミアはスゴイ。

 

最後になりますが、210億円あればうまい棒が21億本買えます。ただし、うまい棒は価格変動によって値段は買えずに長さを変えています。長さの基本を平均的な11cmとして計算すると21億本もあれば23万1000キロメートルになります。おおよそ地球5周分です。すごいですね。あでゅー。