読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだぐださっかーぶろぐ

ウイイレメインにサッカー関連のことをぐだぐだと述べてます。。。

アジア最終予選に向けて選ばれたサッカー日本代表についてぐだぐだとーく

ぐだぐだトーク 日本代表

結構前になりますが、アジア最終予選に臨むためのサッカー日本代表が発表されました。キャプテンはいつも通り長谷部選手だったのですが、膝の怪我で離脱することが発表されましたね。残念です。

 

先に言っておきますと、多分どの選手が選ばれても批判的な意見は出たと思います。今回は特にそれが大きいようで、色々なサイトで見るとあまり評判は良くないようですね。まぁそんなことも含めて少し綴っていきます。

 

GK

西川周作 

川島永嗣

林彰洋

 

東口が負傷離脱のためこの3人に。西川はACLでミスして少し批判対象に。川島に至ってはメス(リーグ・アン)に第3キーパー。林彰洋FC東京に移籍してから大活躍中。

ACLでやらかした印象の強い西川の招集に反対の意見が多数。私の意見からすると西川外して誰を呼ぶの?とは思いますが。招集されるべきだとの意見が多かった中村航輔は最近あまりいいとは思えません。ポジショニングの悪さが少し目立ちます。それでも反応速度でなんとか出来ている感はありますけどもう少し・・・といった印象です。

 

DF

長友佑都

酒井宏樹

酒井高徳

槙野智章

森重真人

吉田麻也

昌子源

植田直通

こちらもほぼいつも通りといったところでしょうか。長友に若干の疑問符ですが。

W酒井は海外のクラブで素晴らしい活躍と言えます。森重はフィードセンスも守備能力も高水準をキープ。セインツで不動のスタメンに登り詰めた吉田はイングランドのタフなゲームでもしっかりとプレーしていて好印象です。CBは森重・吉田コンビでしょう。

 

 

MF

長谷部誠→離脱・追加招集なし

今野泰幸

高萩洋次郎

倉田秋

山口蛍

清武弘嗣

香川真司

 

不動のキャプテン・長谷部誠が膝の怪我で離脱。追加招集は行わないとのことです。

高萩と今野のベテラン2名を揃えて不測の事態も経験でカバー、といったところでしょうか?柏木を入れても良かったとは思います。香川真司は代表戦を前にして若干復活気味。期待はできそうです。CMFは長谷部・山口だったのでしょうが高萩・山口になるか、今野・山口になるかといった感じですかね。今季こそOMFでのプレーが多い倉田秋ですがCMFの位置でもプレー可能ですので長谷部の代役が誰になるか気になります。

上の3人は香川・清武・そしてFW登録の原口あたりでしょう。小林悠中村憲剛がいても良かったかなと思います。年齢的に中村憲剛は厳しいかもしれませんが素晴らしい活躍をしていますので。

 

 

FW

岡崎慎司

大迫勇也

原口元気

本田圭佑

宇佐美貴史

浅野拓磨

久保裕也

 

本田さんいるんかーい・・・って意見が多いと思います。齋藤学金崎夢生小林悠といったJで活躍している選手を差し置いての代表選出です。ここはもう納得できませんねぇ。常日頃デュエルだのなんだのと言っておいて、試合出場のない選手は呼ばないなんて言っておいてコレですから。批判も集まりますよ。

原口・大迫の2名はブンデスで節ごとのベストイレブンにも選出される活躍ぶりで期待大ですね。大迫がトップで原口は豊富な運動量もあるのでサイドハーフでの起用でしょう。また、ヘントでシャドーの位置を定位置にし活躍している久保裕也も選出されました。ドリブルセンスやシュートセンスを兼ね備えたストライカー気質の選手です。欧州でも注目されているなど期待の高い選手となります。

 

 

 

個人的に良い選出だと思ったのが7割・微妙なのが2割・悪いのが1割といったところでしょうか。そこまで批判的ではありませんが、そんな私でも本田さんの選出はないと思っていましたので、そこに関しては少し納得いきませんね。点数化するとGK・DFは75点・MFは65点・FWは60点くらいでしょうか。

なにはともあれもう発表されてしまったので、あーだこうだ言う前に全力で応援あるのみです!がんばれニッポン!

 

それでは、あでゅー。

CLベスト8進出クラブをぐだぐだと。。。

ぐだぐだトーク 海外サッカー

CLベスト16・2ndLegがつい先日終わりました。んでもって17日にスイスのニヨンで組み合わせの抽選が行われました。なかなかおもしろい組み合わせになりましたね。今日はその組み合わせとか色々、綴っていけたらなと思います。

 

 

その前に。一つだけ言っておきたいことが。。。

 

 

 

レスターさぁぁぁぁんん!!!今がチャンスですよぉォォォォ!!!優勝候補は、潰し合ってくれまぁぁぁす!!!

(サンシャイン◯崎風)

 

 

 

ということで本題に入ります。まず組み合わせはこんな感じ!

 

日本時間 4月12日・20日 4時45分キックオフ

ユベントス vs バルセロナ

ドルトムント vs ASモナコ

 

日本時間 4月13日・19日 4時45分キックオフ

レスター vs アトレティコ・マドリード

レアル・マドリード vs バイエルン

 

 

 

ユベントスバルセロナ・レアル対バイエルンの2カードは優勝候補の潰し合いです。どのクラブもワールドスターを多数擁している超メガクラブ同士の対決になりますのでハードな展開になることが予想されます。

近年こそCL常連になりつつあるアトレティコも少し昔はCLのダークホースと呼ばれていました。今回のCLでのダークホースは何と言ってもレスター・シティでしょう。新旧ダークホース対決のレスターvsアトレティコも要注目です。

そしてもう一つのダークホースモナコマンチェスター・シティとの打ち合いを制して勝ち上がってきた攻撃力と勢いは欧州でもトップクラス。対するドルトムントオーバメヤンを筆頭に爆発的な攻撃力を持ち合わせた選手が多く実力は拮抗しているといえますので楽しみなカードです。

 

 

ベスト16を奇跡の逆転劇で勝ち上がってきたバルセロナユベントスと対戦。勢いはバルセロナにありそうですかね。エンリケ解任ブーストも発動してますし。マスチェラーノの復帰も安定感を増幅させていて中盤の負担も減っていてDFの連携も増しているように思えます。後ろが安定したことでメッシが不用意に降りてくる回数も減り攻撃陣も活性化と良い事だらけのようです。また、シュテーゲンのセービングもめきめきと上達しているように思えます。

対するユベントスはCLでの直近5ゲームでわずか1失点と堅守が光ります。またそのうち4試合で複数得点と攻撃力も申し分なし。キエッリーニボヌッチ・バルザッリの3バックの安定感・そして守護神ブッフォンを擁する守備力の高さと連携は世界でもトップクラス。クアドラードマンジュキッチにディバラ、そしてトップのイグアインらの攻撃陣もワールドクラスと言えるでしょう。

 

 

レアルはベイルが復帰しベンゼマも最近得点が増え攻撃陣は絶好調。ロナウドは得点することもあればアシストも最近は多く攻撃陣の中でもやはり一つ輝きが違いますねーw中盤のモドリッチやクロースのパス精度は相変わらずでカゼミーロの守備力にも磨きがかかりDFラインではラモスが常に絶好調でセットプレーから得点も量産。ヴァランの怪我が少し気になりますがペペやナチョなど文句なしのメンバーがいるので問題なし!

バイエルンロッベンの相変わらずのカットインからのシュートが決まりますねぇ。レヴァンドフスキもCFではワールドクラスの選手の1人で得点力が素晴らしいです。今季限りでの引退を表明しているシャビ・アロンソも素晴らしいパスで攻撃陣を活性化させビダルの広いエリアでのプレーは守備・攻撃ともに素晴らしさを見せています。ノイアーは相変わらず半端ないですしコチラのカードも熱戦が期待できます!

 

 

ベスト8ともなるとどの試合も全て観たいですねぇ・・・テレビとオンデマンドで全部見て、さらには見直しもできればベスト(笑)とにかくあと2週間、楽しみです・・・!

 

それでは、あでゅー。

第915回 toto予想(Jリーグ)~結果発表~

toto結果発表 Jリーグ

3連休が終わり今日から仕事の方も多いのではないでしょうか?私は既に月曜日も休日出勤で半日ほど勤務してきました。おかげでSC相模原の試合を観れませんでした。残念。日曜日の試合でtotoの対象のゲームは終わっていたのでもう1日早くできたんですが少し見れていなかったゲームを昨日の仕事終わりに見て復習してましたので火曜日になりました。そんなこんなで前置きはおいておいてそろそろ結果発表いきますか(笑)

 

 

(予想が複数個あるものは赤字が本命です。黄色いマスは的中箇所です。)

 

 

 

toto

No ホーム アウェイ 予想 結果
1 コンサドーレ札幌 サンフレッチェ広島     2 1
2 横浜 F・マリノス アルビレックス新潟 1     0
3 清水エスパルス 鹿島アントラーズ     2 2
4 ヴァンフォーレ甲府 大宮アルディージャ 1 0   1
5 セレッソ大阪 サガン鳥栖 1     1
6 柏レイソル ベガルタ仙台 1     2
7 ヴィッセル神戸 ジュビロ磐田 1     1
8 FC東京 川崎フロンターレ 1 0   1
9 ガンバ大阪 浦和レッズ 1   2 0
10 アビスパ福岡 ロアッソ熊本 1     1
11 名古屋グランパス 水戸ホーリーホック 1     1
12 ファジアーノ岡山 京都サンガFC     2 1
13 愛媛FC 湘南ベルマーレ     2 2

 

ダブル3 800円

8/13

 

minitotoA組

No ホーム アウェイ 予想 結果
1 コンサドーレ札幌 サンフレッチェ広島     2 1
2 横浜 F・マリノス アルビレックス新潟 1     0
3 清水エスパルス 鹿島アントラーズ     2 2
4 ヴァンフォーレ甲府 大宮アルディージャ 1 0   1
5 セレッソ大阪 サガン鳥栖 1 0   1

 

ダブル2 400円

3/5

 

minitotoB組

No ホーム アウェイ 予想 結果
1 柏レイソル ベガルタ仙台 1     2
2 ヴィッセル神戸 ジュビロ磐田 1     1
3 FC東京 川崎フロンターレ 1 0   1
4 ガンバ大阪 浦和レッズ 1   2 0
5 アビスパ福岡 ロアッソ熊本 1     1

 

ダブル2 400円

3/5

 

totoGOAL3

No 予想チーム 対戦相手 予想 結果
1 横浜 F・マリノス アルビレックス新潟     2   1
2 アルビレックス新潟 横浜 F・マリノス 0       1
3 清水エスパルス 鹿島アントラーズ   1     2
4 鹿島アントラーズ 清水エスパルス     2   3
5 セレッソ大阪 サガン鳥栖   1     1
6 サガン鳥栖 セレッソ大阪 0 1     0

ダブル1 200円

2/6

 

合計購入金額 1800円

 

という結果に終わりましたー・・・残念。

 マリノスは開幕の調子の良さはどこへ・・・前半のうちにマルティノスのカットインからのスーパーゴールで先制しその後にも何度もチャンスが訪れましたが決めきることは出来ず。すると飯倉のバックパスがDFとGKの間に落ちてそれをホニがすかさず拾ってGKをかわすと無人のゴールに決めて追いついた。後半にはマリノスの猛攻が新潟を釘付けにした。しかし後半に追加点を奪えなかったマリノス。危なげはなかったが攻撃が決まらずそのままドローに終わった。

清水は後半71分までポスト直撃のシュートなどで猛攻し2-0となった段階でゲームを締めにかかる。が、ここから鹿島の猛攻に晒された。2-0は危険なスコアや・・・

2点目を決めた3分後にFKから植田がヘッドで1点を返す。これはGKの判断ミスもあったが素晴らしいヘッドだった。そしてその5分後には永木の蹴ったロングボールに鈴木が後ろに飛びながら合わせて追いつく。素晴らしい技術でした。さらにその5分後、遠藤のクロスを土居がスルー。すぐ後ろの金崎がそれをワントラップで流し込み逆転に成功する。清水はパワープレーで狙いに行ったがそのまま終了。鹿島がまさかまさかの大逆転勝利。このゲームは見ていてとても面白かったです。

 

 

 

多摩川クラシコは終わってみれば3-0でFC東京の圧勝。内容こそ接戦だったが数字としては大きく差がついた。92分にはFC東京での初ゴールを大久保が決め古巣相手だったものの喜び大爆発となったw

G大阪と浦和のゲームは槙野のすげーシュートとかもありましたが今野のヘッドでガンバが先制。しかしガンバは負傷の守護神・東口ではなく藤ヶ谷が先発。していたのだがその藤ヶ谷も負傷しこの試合中に田尻にチェンジしJ1デビュー。好セーブを連発するも90分過ぎに倉田がエリア内でハンドで浦和にPK。これをラファシウバが落ち着いて決め勝点1を分け合った。ACL終わりの両者だったが譲らず熱戦を繰り広げた。

 

 

 

今週末も面白いゲームが盛り沢山でした。ジュビロは前半こそ良かったものの後半立ち上がり直後に失点。その1点に泣きました。俊輔のコーナーとか本当に面白くて期待できるんでこっからもぜひ頑張って欲しい!神戸は開幕4連勝。夏にはこの面子にポドルスキが入るとかチートの予感しかしません(笑)

 

来週の第916回はJ1は代表ウィークのためお休みなのでJ2とJ3が対象です。少し難しいですががんばりますので是非よろしくお願いします!それでは、あでゅー。

 

 

CLベスト16 2nd.leg大雑把レビュー② プレミア唯一の希望・レスター

ぐだぐだトーク 海外サッカー

   ナンテコッタイデスヨ!!!

 

 

取り乱しました。どうも皆さんこんにちわ。CLベスト16。2ndレグが無事終了しました。気付いたらプレミア勢はレスター以外敗退。は痛い(ダジャレ)。やはり世界の壁は厳しいですなぁ。

 

 

モナコ 3-1 マンチェスター・シティ

勝ち抜けるためには最低でも2点がほしいモナコアウェイゴールが3あるためある程度ゆとりを持ちながら試合を進めるためにも早くから点が欲しかった。しかもエースファルカオを欠いての1戦だったが強い気持ちを持って戦ったことがいい流れを産んだ。

7分、モナコは前線からのプレスで高い位置でボールを奪うとコーナーに。その流れからこぼれ球で再度攻め直しゴール前でクロスに合わせたムバッペが決め8分にモナコが先制。突破できるのではないかという雰囲気がスタジアムに流れ始めた。欲しかった1点を取れたモナコ・与えるべきでなかった先制点を与えてしまったシティ。両者の間には溝ができ、戦術も変わっていくことになる。ちなみにこのゴール、オフっぽいですね・・・(笑)

その後も果敢なプレスバックで前線でボールを奪い攻めるというシーンの多かったモナコ。29分に左サイドからメンディの低いクロスがマイナス気味に中に入るとそれにファビーニョが合わせ追加点。ストーンズが大外まで引っ張られた挙句、そのサイドで2対1の状況を作られ、フリーでクロスを上げさせたシティの守備に問題があったとも言える。が、メンディの素晴らしいクロスの精度。そして決めたファビーニョの落ち着きとシュート精度を褒めるべきだろう。

この2点を奪ったことでここからモナコは消極的になり、シティの猛攻が多くなったことで試合はさらに面白くなっていく。

デ・ブライネやシルバのスルーパスからスターリング・サネの両サイド、そして最後はアグエロ。そういったシーンも増えシティのサイドからの攻撃が徐々にモナコを削っていく。最終ラインでなんとか対応していたモナコ。少しずつ危ないシーンも増えたが後半、光ったのはモナコGK・スバシッチの判断の良さ。素晴らしい飛び出しで再三ビッグセーブを重ねシティの攻撃陣の気合を下げていく。しかしシティのゴールはサイドから生まれる。デ・ブライネがサイドのスターリングに渡すと切り替えしてシュート。一度はスバシッチが止めるもこぼれ球を逆サイドに展開していたサネが押し込みシティは71分にようやく1点を返し、合計スコアで優位に立つ。

が、しかし直後の77分。やや低い位置からのFKにバカヨコが合わせると見事にゴール右隅に決まり3-1とし合計スコアでまたもモナコが並び優位に。フリーにしてしまったシティの守備も悪かったが後ろからのボールをしっかりと枠内に飛ばしたバカヨコも上手かったと言えるだろう。

試合はそのまま進みモナコが守りきって3-1・合計スコア6-6でアウェイゴールを3挙げたモナコが次に進むことになった。

 

前日のゲームでレスターがホームでセビージャに勝利し次に駒を進めていたがプレミア勢はそれが唯一の希望に。アーセナルは大敗。トッテナムはGL敗退。チェルシーは出てない。そしてシティはモナコに敗戦。8チームに残れたプレミア勢はレスターのみになってしまった。カントリーランキングがそろそろヤバイぞ、プレミア・・・(笑)

 

 

その他の試合の結果はこんな感じ!

 

レスター 2-0 セビージャ

合計スコア 3-2

 

アトレティコ・マドリード 0-0 レヴァークーゼン

合計スコア 4-2

 

ユベントス 1-0 ポルト

合計スコア 3-0

 

他もなかなか面白い試合が多かったので気になる方はスカパー!の海外サッカーハイライト的なチャンネルで見てみて下さい!

それでは、あでゅー。